WEB
Web Design/Web Coding

WEB制作

ウェブサイトデザイン、htmlコーディング
ランディングページ作成、サイトの更新作業など。

ディレクション

ウェブサイトが紙のパンフレットが大きく違うのはサイト公開がスタートだという点です。
ですのでディレクションではそのサイトの目的は何か?といった基本的なことから始めて
公開後のSEOのことも考えてページ構成の提案をいたします。

WEBデザイン

誰に何を伝えたいかというデザインの基本は変わりません。
ただ、WEBの場合は見る環境がバラバラとかページ順に読み進めて行くわけでもない
といったウエブ独特の環境を理解した上で、
分かりやすいUI(ユーザーインターフェース)を心がけています。

また、Y-sqaureではWEBデザインのみを請け負うことも可能です。
コーディングやレスポンシブのことを理解してデザインしますので
後から実現できない!といったことがありません。
画像パーツは切り出して、その他は見本と指示書で納品します。
SEはいるけどデザイン出来る人がいない!といった
WEBプロダクションやサイト企画者の方、是非お問い合わせください。

CMS

公開がそのサイトのスタートですので更新作業は必須になります。
ご自身での更新用にCMSを導入する場合
ビジネスパートナーと組んでバックエンドでの大掛かりなオリジナルCMS導入も可能ですし
ニュース等だけならフロントエンドでのヘッダレスCMSの導入
サイト全体をご自身で自由に更新したい方にはWordpress…等
そのサイトや管理する人に最適な形を提案いたします。

更新作業

Wordpressで作られたサイトなのに更新作業を業者に出している会社も実は少なくありません。
作成時に発生する更新作業を社内でやっていけるのか判断が必要です。
Y-sqaureでは更新回数や規模に応じて都度更新作業での依頼も受けますし
年間を通しての更新を定額でもお受けしています。
定額ですのでちょっとした更新でも気兼ねなくでき、サイトの活性化に繋がります。

ぜひご活用ください。

お問い合わせはこちら

当サイトは
静的サイトジェネレーターで
作成さた静的サイトです。

当サイトの仕組み

当サイトはNuxt.jsという静的サイトジェネレーターで作成されています。
静的サイトとは最初から用意されたhtmlファイルを表示させるものでサーバ側の処理を必要としません。
そのため高速で安全なウェブサイトになります。

ただし昔ながらに1ページずつ個別に作成するのではなく
共通部分はコンポーネント化し最後に全ページを生成するので
修正など公開後のメンテナンス管理の費用が抑えられます。

もっとすごい!Jamstackなサイト

当サイトは諸事情から通常のWebサーバにデータを置いていますが、
NetlifyやAWS AmplifyなどのWebプラットフォームサービスを利用することで
Jamstackと呼ばれるサイト構成になります。
驚くことにどちらも無料〜使えて独自ドメイン、SSLも無料で利用可能です。

Jamstack構成ではサイトがとにかく高速でWebサーバーが不要なのでセキュア。
また、静的ファイルの配信が基本となるためSEOに強いサイトになります。
東京都のコロナ情報サイトがNuxt.js+Netlifyで早急に立ち上がったことは話題になりました。
Jamstackについて詳しくはヘッダレスCMSサービスを提供している
microCMSさんのこちらのページに詳しく紹介されています。

静的サイトジェネレーターというとモバイル用アプリ開発みたいなイメージですが、
比較的規模が小さく更新の少ないコーポレートサイトなどでは十分に使う価値があると思いますし
今後はJamstack構成のサイトが増えてくると思われます。

使わないと損?
当サイトでも利用している
無料でも使えるサービスたち。

Jamstackでも使えるCMS

Jamstackだと予め生成されたhtmlファイルを表示させるため
自分たちで更新するCMSは使えないように思ってしまいますが
上で紹介しているmicroCMSはNetlifyやAWS Amplifyと連動でき
microCMSの管理画面で情報を更新すると
自動的にNuxt.jsがNetlifyやAWS Amplifyに静的サイトを生成するので
静的サイトなのにCMSによるサイト更新が可能です。
こんなすごい機能のmicroCMSもなんと一定条件まで無料で使えます!

Jamstackでも使えるメールフォーム

コーポレートサイトなどで、ほぼ静的なサイトでも
メールフォームだけはサーバサイドのプログラムを使っているサイトは多いです。
Jamstack構成ではサーバサイドの処理を使わないので通常メールフォームが使えませんが
NetlifyならFormsというフォーム送信出来るサービスがあり
一定条件まで無料でメールフォームが使えます。

ただし、問い合わせが多くなってくると埋もれてしまって読み忘れが出てきたり、
対応状況が分からないといったことが問題になるようです。
ということで当サイトでは静的サイトでも使えるメールフォームサービスformrunを無料プランで導入してみました。
こちらは通常のタグでサイトに導入できるので、見た目を独自のスタイルで装飾しています。
届いたメールの管理のしやすさは言うまでもないので、
大量の問い合わせに漏れなく対応する必要があるなら、
こういったサービスを利用するのも手だと思います。

お問い合わせページ

Y-square

TOPへ戻る